岩城町農園のブログ

原木の仕分け

今日も悪天候の中、原木の調達に行ってきました。

途中で風が強くなって、木の倒しどころが不安定になってきたので

安全第一で早めに帰宅しました。

 

さて、岩城町農園では太い木から細い木まですべて使います。

ナラは原木椎茸に、ホウノキと桜、コシアブラなどは原木なめこに、

クリは杭に、その他雑木は薪に使います。

杉や檜などは、地主さんの為に残します。

 

伐採した木は、ウインチで作業場まで引っ張り、玉切りして仕分けします。

これが大事です!特にナラは細かく分けています。

椎茸の品種に合わせて原木の太さを分けているんですね~。

今年の場合だと、

大・・・101とか115

中、小・・・240か118

柴(極小)・・・324

の予定です。

2016011911500001.jpg

 

 

原木椎茸は、植菌後の適した場所への移動が肝になります。

細い分だけ移動は楽になりますし、しかし、

太い木は何年も椎茸が発生してくれます。

長年の経験から、品種と原木の太さを組み合わせ、

毎年勉強していくんでしょうね。

 

ただ、作業が捗ってくると、仕分けする暇も無く木が上がってくるので、

後半は大雑把になるんですよね(笑)

 

諸事情により今週は金曜まで山作業はお休みになるので、

たまってる事務作業でも進めることにします。

木こり生活始まりましたー。

本日より原木調達のため山に入りました。

木こり生活のスタートです。

本当は秋に入って雪が降る前に運搬まで

終わらせたいんですけどね~。

時間が無いのでしょうがない!!!

 

2016011614140001.jpg

昨年組んだ小屋(飯場)が雪で潰れており、

薪ストーブも壊れていました・・・。

応急処置して今日は寒さを凌ぐ事ができました。

 

これから3月中旬まで切れればいいなー。

事故の無いよう頑張ります!

2016011614140000.jpg